2015年02月27日

ハピ、退院して、帰ってきました!

3R1A8774-1000px.jpg


ハピが退院できました!
 
入院した日の夜から朝にかけては、
更に悪化して危なかったようなのですが、
今日なんとか退院し、あとは
自宅療養と通院で頑張ることになりました!
 
入院中は、毎日ごはんを作って
持って行ってたのですが、
ほとんど食べず。。。
面会はできなかったので、
看護婦さんに動画を撮ってもらって
様子を見ていたのですが、
いつも隅っこに座ったままで、
目に気力がなく心配でした。。。
 
でも、家に帰ってきたら、
ごはんも完食したので、ひと安心です(*^^*)
 
今は、急遽 準備した酸素室の中に、
無理矢理はいらせてたら、
あきらめて寝ました(*^^*)
 

ハピの左心房は、パンパンに肥大しているそうです。
心臓の中のケン(?だったかな?心臓の中で糸のようになって支えてるもの)は、
エコーで切れてないことがわかり、ひと安心です。
これが切れていると、とてもひどい状態だそうです。

肺に溜まってた水は、利尿剤によって、
ほとんどなくなってきているそう。
あとは、もう少し利尿剤をつかって、
水を抜いて行くそうです。

お薬は、強心薬と利尿剤が増えました。
利尿剤は、副作用として、腎臓が悪くなるので、
長く飲み続けると腎不全を起こすことがあるそうです。
1日も早く利尿剤飲まなくてよくなりますように!

詳しいことは、また少しずつ書いていこうと思います。
   
 
 

 

2015年02月24日

肺水腫になってしまいました。

2月22日(日)は、私もPもどうしても出かけなければならず、
ハピは、久々に8時間位お留守番をさせました。
お留守番中に何があったのかは分からないのですが、
夜から急に容態が悪化してしまいました。

その日は、朝から何も食べず、
(私達が出かける用意をしていると、いつも食べなくなるので、
それは、しかたないと思っていたのですが、)
夜も、食べたそうな様子は見せるのですが、
ちょっと口にしただけで、食べなくなってしまいました。

どうしたのかな?と思っていると、
喉は、ずっと、ゼーゼーいってるようでした。

それでも、なんとか寝たようなのですが、
朝方、喉がつかえているように
ガーッガーッと、ひどく苦しそうな様子がずっと続きました。
1時間くらい続いたでしょうか?
それから、ようやく少しマシになったのですが、
呼吸は、まだゼーゼーいったままでした。
それでも、マシになったので、少し眠りました。

昼頃起きると、またガーッガーッと苦しそうな様子になります。
Pのひざの上で眠ると、少しマシになりました。
でも、目を覚ますと、またひどくなるので、
これは、もう病院に行かなければと思いました。

23日夕方、病院に行くと、
数日前の検診から、予想できないくらいの悪化ということで、
すぐにレントゲンを撮りました。

肺に水が溜まり始め、
肺水腫が始まっているということでした。
胃には、空気が入ってしまっているそうです。

呼吸をするのも辛いくらいだそうで、
入院して、酸素室に入れてあげることを
強くオススメしますと言われました。

自宅に連れ帰っては、
このまま肺に水が溜まった場合、
もうどうしようもないと言われました。
酸素室でないと、呼吸をすることもつらいので、
自宅で乗り切れるか、予想ができないということでした。

迷ってる私達の返事を待つ間にも、
すぐに利尿剤の注射をしました。

もう少し病院に行くのが遅ければ
危なかったと言われました。
今なら、助けられます。と言われ、
その言葉を信じて、入院させることにしました。

私も病院に泊まりたいとお願いしてみましたが、
やはりダメだと断られました。

私達にできることは、祈ることだけです。
ハピ、一刻も早く元気になって、
私達のもとに帰ってきてね!
祈ってるからね。
posted by happy at 03:50|   病院・病気・ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

容態急変、緊急入院となりました!ただただ元気になって帰って来てくれることを祈るばかりです!

3R1A5433-1000px-hapi.jpg


大切な大切なハピが緊急入院しました。。。
今は、ただただ元気になってくれることを祈るばかりです。

数年前から、心臓病で毎日薬を飲んでいるハピですが、
4日前の定期検診では、
「症状は安定してるから心配ないですね」
と、先生に言われたところでした。
 
昨日、久々に8時間位お留守番をさせたら、
お留守番中に何があったのかは分からないのですが、
昨夜から急に容態が悪化し、
今日、緊急入院となってしまいました。
 
 
ハピは、私達に無償の愛をくれています。
そして、色んなことに気付かせてくれました。
 
ハピがドッグフードを食べないことから、
食べ物の大切さに改めて気づき、
添加物のことや、
ホリスティックケアについても勉強し、
ハピの手作り食を作るようになって、
オーガニック野菜も買うようになりました。
 
私達家族のために、
生まれてきてくれたんだなって思っています。
 
 
今、ハピは、病院の酸素室で、頑張っています。
私は、ただただ祈るしかありませんが、
祈りは届くと聞いたことがあるので、
心を込めて祈っています。
 
元気になって、
早く帰ってきてくれますように!
 
 
posted by happy at 23:41|   病院・病気・ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Click Here!