2006年09月04日

ビスコちゃんの事件

最近、なぜか、悲しい事件ばかりが目につきます(T_T)
私の中では、作家の坂東眞砂子の子猫・仔犬殺しの件から始まって、
もう次々にって感じです・・。
坂東眞砂子のことは、いろんなところで取り上げられてるので、
あえて私は記事にしてませんが、すごく気分が滅入りました・・。
辛いことばかり書きたくはないのですが、
でもやっぱり一人でも多くの飼い主さんに知ってもらわなくちゃ・・
と思ったので、今回知ったこともBlogで紹介することにしました。



今回知ったのは、事件というより事故なんですが・・、
お盆に、愛犬と一緒に飛行機で帰省・・、どこにでもありそうなことです。



フレンチブルドッグのビスコちゃんも、飼い主さんと飛行機で帰省しました。
ビスコちゃんが飛行機に乗るのは7回目で、
去年の夏も飛行機で帰省されたそう。

それなのに、今回は予想もしなかったことが起こったのです。
ビスコちゃんは帰省する飛行機の移動中に、熱中症になってしまったそうです。
飛行機から降りた時には、ぜいぜいと絶え間ない呼吸、
虚ろな目で、反応もなくなっていたそうです。
飛行機に乗る前は、何の問題もなく元気だったのに・・。
そして、すぐに病院で治療されたそうですが・・、
2日後に息を引き取ったそうです・・。


melodiansさんのBlog フレンチブルドッグ・ビスコの日記 をご覧ください。


レントゲンによると、心臓と神経がショックでダメージを受けていたそうです。
普通の熱中症とはわけが違うのかもしれません・・。
ビスコちゃんは、飛行機の貨物室で、どんなに辛く苦しい時間を過ごしていたのでしょう?
飼い主さんとも離ればなれで、心細く辛い時間・・。
暑くてどんなに喉が渇いても、クレートには水や食べ物を一緒に入れてはいけない
決まりになってるので、水も飲めません・・。
苦しくても、ただただ耐えることしかできないのです・・。

本当にやりきれない思いです・・。



この事故も、ペットを手荷物室(又は貨物室)に入れて運ぶという、
ペットを物として扱ってることが間違っていると、私は思うのです・・。
ペットが客室に入れず、手荷物室に入れられてしまうのは、
世界中で行われていることなのでしょうか?
クレートに入れて、飼い主と一緒に客室に入れるようにはできないのでしょうか?
客室の一部の座席を変えたり、工夫をすれば可能ではないのでしょうか?
動物嫌いの人や、アレルギーの人もいるので、全ての便でというのは
無理だと思いますが、例えば1日か2日に1便くらいなら、
ペットと一緒におでかけ便を運行することもできるのではないでしょうか?
空前のペットブームに便乗するつもりなら、それくらいしても良いと思うのですが・・。
そんなことをしたら、採算がとれなくなるというのなら、
ペットも人と同じ料金にすればいいと思います。
料金が高くなっても、ペットも客室に一緒に、安全に乗れるのであれば、
今まで敬遠していたペット連れの人達も、利用するようになると思うのです。



うちのハピはビビリで、飼い主と一緒にいても、
自転車以外の乗り物は、全て恐がります。
飼い主と離ればなれになる飛行機なんて、絶対乗れません・・。

乗り物を怖がらない子も、くれぐれも飛行機での移動には気をつけてあげてください。
そして、飛行機の予約をする前に、もう一度考えてみてください。
本当に飛行機の移動が、愛犬にとって最善の手段なのか?
人間の都合だけで決めていないか?
他の移動手段は、本当に無理なのか?

暑い時期は、フレンチブルドッグ、ミニチュアダックスなどの衰弱例が
他にも報告されているそうです。
できるだけ涼しい時間帯の便を選び、
搭乗前には充分水分をとらせるようにするなど、
できる限りのことをしてあげてください。


これ以上、悲しい事故が起こりませんように・・・。



ビスコちゃんのご冥福を心からお祈りします。
 
posted by happy at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | みなさんのお力を・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンコと暮らしてる人たちの悩みの一つは
一緒に飛行機に乗って旅行できないと言うことだと思います。
海外はもちろんですが(マイクロチップなどの面倒な手続きを要するし)国内便でも手荷物扱い・・・
生き物は手荷物とは別の部屋?で空調や温度調節も出来ているから大丈夫!と言われたことがありますが
私はそんな事よりも 離陸1,2時間前には飼主と離れ離れになって預けられて
飛行機のエンジン音や 他のワンコ、生き物と同じ部屋で色んなニオイもするし、
うちのゴン太は それだけでショックを受けて大変な事になりそうなので
一度も飛行機旅行をしてません。
ねねは仔犬の時にブリーダーさんのとこから飛行機でやってきましたが
あれもすごく心配だったけど 仔犬は何もわからないままだから まだマシかな〜と自分を無理やり納得させてました。

ビスコちゃんの事件、飼主さんの淡々とした文章が涙でにじみます。
あえて飼主の立場から言うと 空港職員もワンコやペットを飼ってない人たちからすれば
ただの手荷物扱いなのかもしれません。
ケージが出てくるのが遅かった、と書いてらしたので その時点で私はもうダメです・・・
ビスコちゃんのご冥福をお祈りします。

Posted by gonta at 2006年09月03日 08:42
子猫殺しの記事、私もしばらく前に読みました。
私には とうてい理解できません。

昨日の記事に続き、やっぱり『物』扱いですね。
happyさんのアイディア通り、値段が高くても そういう便があれば、私もそちらを選ぶと思います。
動物を飼っている人って そんなもんじゃないですかね?
Posted by ありを at 2006年09月03日 09:45
実はビスコ君のことも、前に知っていたのですが
うまく記事にすることができずにいました。
(百代ちゃんの記事に追記しましたが)

私もgontaさん同様
飼い主と離れ、なおかつ飛行機というシチュエーションでの移動は
無理があると思っています。
ましてやフレンチブル、何が起こるかわかりません。

日本という国は、まだまだペットに対する意識が低いのが現状。
そして我々飼い主のモラルが、
他国と比べてかなり低いのも事実。

自分自身、飼い主として襟を正さなければならないなと思いました。
Posted by eri.k at 2006年09月03日 12:04
また辛い事件ですね。。。
ペット専用飛行機とまでは言いませんが、1箇所だけでもペットOKにするとか、今はペットのシートベルトだって作ろうと思えば、考えて作れるだろうに。。。
ホント人間と一緒の料金で全然構わないので、そうして欲しいですね。
それに動物病院を空港内に作ればいいのに。。。
人間の病院も無いのかな???
それも不思議ですよねー。
今回のような事も考えられる事なのに、
そういうのは考えずで、おかしいです!
すぐに対処したら・・・と思うと更に悔いが残るし。。。

私も1度も飛行機に乗せた事、そして乗せようと思った事ないんですけど、仕方なく飛行機を利用しないといけない人もいますもんね。。。
空港で、ペットを預けてる場面を見ると、可哀想でした。キャンキャン泣いて、恐いんでしょうね、心細いんでしょうね、辛そうで見てられなかったです。
でも、ビスコ君の所は違いますが、考えられないような飼い主さんもいて空港で見てたら腹立たしくなった事もあります。。。
若い女の子2人とワンちゃん1匹で旅行のようで、服を着せたままのワンちゃん(絶対暑いだろうし可哀想!)、引き渡す前にお水をあげたりする様子もなく、そして引き渡したワンちゃんを最後まで見返って心配するような事もなく、キャッキャ楽しそうに去っていく飼い主。こういう飼い主がいるのも現状です。あの時のワンちゃん、すごく可哀想でした。。。
可愛いだけで飼ってるっぽくて、腹立たしかったです。
なんか思い出したので愚痴ってしまいましたが、航空会社も何か考えてくれる事を願います!
そして、私達がペットと一緒に安心して旅行できるようになって欲しいと願います!!!

ビスコ君のご冥福をお祈り致します。
Posted by nori at 2006年09月04日 00:49
gontaさんへ

航空会社のサイトでは、動物を入れる部屋は、空調や温度管理もできてるから、
大丈夫というのは、私も見たことがあります。
でも、何件かこういう事故が起きたようで、
今は「夏季期間中は、高温・多湿によりお預かりしたペットが衰弱することがあります」
と載ってました。
事故が起こってからでは、遅すぎますよね・・(T_T)
事故が起こるまで、飛行中の温度・湿度をきちんとチェックしていたわけでは、
ないような気がします。

うちのハピもゴンちゃんと一緒で、飛行機なんて大パニックになって、
ショックでどうなるかわからないので、
飼い主と一緒に乗れるようになっても、果たして乗れるかどうか?です。
ビスコちゃんの死を無駄にしないよう、みんなが考えてくれることを祈ります・・。




ありをさんへ

本当に信じられない事ばかりが起こりますね・・。
動物といっても家族なんだから、ペットのためのサービスを行うときには、
ペット達や飼い主の身になって、充分考えた上で行って欲しいですよねー。
ペットブームに便乗しているだけの、ペットサービスが多いような気がします。
今回の事故によって、様々なペットサービスを行う会社が、
飼い主の意見にきちんと耳を傾けてくれることを願ってやみません・・。




eri.kさんへ

私も、百代ちゃんのことも、ビスコちゃんのことも、うまく記事にできなくて、
私の意見はポイントが間違っているんじゃないか?
先に私達飼い主が考えなければならないことを書く方が良いのでは?とも思っています。
様々な思いを文章にするのは、本当に難しいです・・。
私も飼い主の意識の向上が必要だと思います!
次は、飼い主の意識についても書くつもりです。
それでないと、片手落ちですものね・・。

私もペットを飛行機の手荷物室で運ぶことは、全く考えたことがありません。
ましてフレンチブルちゃんは、特に注意が必要ですものね。
でも、例えば・・、沖縄に住んでいて、実家が東京で、
実家で何かあってすぐに行かなければならなくて、
実家で何日過ごすことになるか見当もつかないような状況・・
そんな時は、一緒に連れて生きたいし、飛行機に乗るしかないかも・・とも思うのです。
今回も飼い主さんなりの事情があって、飛行機を選ばれたのだと思います。
何度も乗ってるから大丈夫と軽く考えていたことは、とても反省されてるみたいですが、
飼い主さんだけを責めるわけにはいかないと思ったのです。
確かに、航空会社のサイトに、動物を入れる部屋は、空調や温度管理もできてるから、
大丈夫と書かれていたのは、私も見たことがありますから、
飼い主さんはそれを信用していたのだと思います。
私達飼い主が考え、実行しなければならないこと、まだまだありそうですね・・。
Posted by happy at 2006年09月04日 02:52
noriちゃんへ

ペット専用機は無理でも、本当にペットOK機があると良いよね。
空港内に動物病院・・これも必要だよねー。
人間の病院はあるのかな?どうかしら?
空港では、私はあんまりうろうろしないので、見たことないけど・・。

noriちゃん、空港で預けてる場面見たことあるのね・・。泣かれたら辛いよねー。
noriちゃんが見た女の子達、ひどいね・・(T_T)
ワンコをブランドバッグと同じように思って、連れて歩くとカワイーからって、
飼ってる人達がいるのも現実なんだよね・・。
全てのペット達が幸せに暮らせる世の中になって欲しいと心から思います・・。
Posted by happy at 2006年09月04日 03:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23182418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。