2012年04月15日

チワワのハピ、僧帽弁閉鎖不全症という心臓病になってしまいました。。。

心臓病専門の動物病院に行ってきました。

9歳のチワワ・ハピ、
僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
という心臓病になってしまいました。。。

6段階の3(6が最も悪い)
左心房と左心室の間の弁がきちんと閉じなくなっていて、
血液が10分の1〜1.2 程度逆流しているそうです。

不整脈はないそう。
これからは、4〜6ヶ月に1度検査が必要。

腎臓の数値が高い。

塩分が多いようなので、塩分制限のフードに変えるか、
塩分を摂らないようにする。
塩分は、肉や魚にも、もともと含まれているので、
わざわざ追加する必要はないと言われました。
本村先生のセミナーでは、手作りごはんだと、塩分が不足する場合があるので
注意しましょうって言われていたのですが。。。

血管を広げるお薬を飲むようにした方が良い。
お薬は、飲み始めたら、一生飲み続けること。
毎日、同じ時間に飲むこと。
進行を抑えるだけで、治ることはない。
お薬を飲み始めると、低血圧になる場合があるので、
飲み始めてから、2〜3週間で、血液検査をすること。

 
この記事へのコメント
はじめまして。
ハピくん、可愛いですね。
シマリスちゃんたちも可愛い。

うちにも女の子チワワ6歳がいます。
ハピくんと同じ病気でもう2年近く、心臓の薬を飲んでいます。
ずっと、6段階でいえば2で落ち着いてくれていたのですが、先月変な咳をするようになり検査させたら「肺水腫」を起こしてしまっていました。
幸いにも発見が早く、利尿剤の注射や薬で肺は綺麗になりました。
ですが、心臓の精密検査ではやっぱり少しずつ進行していることが判明して、落ち込んでるとこでした。。
あと何年生きられるんだろうってそればかり考えて泣いてしまって駄目飼い主です。
でもいつまでもメソメソしてないで、できることをやろうと、ようやく思えてきました。

夜中に診療してもらえる動物病院を再チェックしたり、急に咳の発作が出たときのためにペット用の酸素吸入器を購入したり。。

1日でも元気で長生きしてもらえるように、お互い頑張りましょうね。

同じ病気と闘ってる方のブログがあると、ひとりじゃないって勇気をもらえます。
ありがとうございます。
これからもブログ拝見させていただきますね。
Posted by kanoママ at 2012年05月07日 23:12
kanoママさん、コメントありがとうございます!
気付くのがすごく遅くなってしまって、すみませんm(_ _)m

kanoママさんのチワワちゃんも同じ病気なのですね。
肺水腫を起こしてしまったなんて、とっても心配ですね。
でも、発見が早くて、肺も綺麗になったのは、本当に良かったですね!

私も病気が分かったとき、すごく落ち込みました。
でも、幸いにも、お散歩仲間のワンちゃんも同じ病気の子がいて、その子は6歳くらいからお薬を飲んでるそうなんですけど、もう12歳でハピより元気な感じなんです。
そんな先輩ワンちゃんのお話を聞いて、すごく救われました!
本当に長生きして欲しいです。
なかなか更新できてないですが、これからもよろしくお願いします。
一緒に頑張りましょうね(*^_^*)
Posted by happy at 2012年06月07日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264987945
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。