2007年12月19日

術後の歯茎は?

昨日の夜から、絶食絶飲のハピ。
今日は朝から病院です。


ハピの写真は撮ってなかったので、
以前撮ったハピのヘン顔をどうぞ!!!(笑)

hengao_0513.jpg
頭の皮膚を後ろにひっぱってみました(*≧m≦)



「その後変わったことはないですか?」と先生。
「歯茎は腫れてきたりしてませんか?」
私は、特に異常はないようで、
歯茎は腫れてるかどうかよくわからないことを伝えました。

「それじゃあ、ハピ君はちょっとお預かりします。」
と、すぐにハピは連れて行かれてしまいました(´o`;)

また麻酔をされるものだとばかり思っていたのですが、
今日は麻酔よりもっと軽いものだったようで、
1時間も待つことなく、名前を呼ばれました。

「歯茎を見ようとすると、噛んできたので、
鎮静剤(と言われたと思いますが、忘れました・汗)を打ちました。」と先生。
「あぁ、噛んでしまったんですか?(>_<) 先生、すみません。」
あやまるしかない私・・(T△T)

おとなしく口の中を見せる子だったら、
何も打たずに終わったのかもしれません。
ハピは本気で噛んでくるので、ダメだったのですね(T_T)

レントゲンを見せてもらうと、
歯茎の中に黒く写っているところがあります。
「この黒くなってるところは、嚢胞壁が取り切れずに
残っている可能性があります。
これが嚢胞ではなくて、なくなってくれれば良いのですが、
大きくなってくるようだと、再手術して
嚢胞をとってしまわないといけません。
2ヶ月後に、再度レントゲンを撮りましょう。」
手術は終わっても、まだ不安の種は残ります(´_`;)
なくなってくれれば良いのですが・・。

「それから、もっと歯磨きをしっかりしてください!」
歯磨きがどうしてもちゃんとできない、ダメ飼い主の私(T_T)
歯磨きができてなくて、ばい菌なんかが入って
歯茎の中の状態が悪くなることもあるのかもですね・・。

ほどなく助手の方がハピを連れて来てくれたのですが、
ハピはうなだれて、まだ朦朧とした状態。
鎮静剤(か、何か)から、まだ覚めていないということでした。
15分程その場で様子を見て、意識がはっきりしてきたら
帰って良いということで、しばらく様子を見ていました。

ようやく意識がはっきりしてきたので、
助手の方が様子を見るために近づいて来られたら、
「ガウゥゥ」
ハピは、いつものハピに戻って、思いっきり助手の方に唸りました(笑)
ほぼいつも通りなので、安心しました(^_^)

食べたり飲んだりは、夜まで我慢。
夜遅くなったら、少しごはんをあげても良いと言われました。

ハピ、今日は疲れたね・・。
今日はゆっくり休もうね。
ラベル:埋伏歯手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック