2005年11月25日

ワクチンについて考える -AAHAのガイドライン-

ワクチンについては、ずっと書こうと思っていたのですが、
なかなかきちんとまとめられないので、数回に分けて、書きたいと思います。
今回は、ワクチンについて考え始めたときのことを書きます。
その後、本村伸子先生の「フレンドの遺言状」(いろんな方が書かれたこの本の感想は、Amazonを見てくださいね)という本を読んだり、
先日は本村先生のセミナーにも参加させていただいて、今では、
その時よりワクチンの怖さを知り、考え方も少し変わってきていますが、
順を追って書いていきたいと思います。


ワクチンやドッグフードが、犬の様々な慢性疾患の原因となっている
可能性があると、最近はよく言われています。
ワクチンや添加物などの有害な物質が、体に蓄積されて
様々な疾患を引き起こしているのだそうです。

ワクチンは、弱いウイルスを体内に入れて、
一時的にその病気に感染させて、病気に対する抗体をつくるのですから、
体に大変な負担を伴う、とても危険なものです。
しかも、それはどんどん蓄積されてしまうそうなのです。
人間の場合は、日本脳炎ワクチンなど副作用が深刻なものは
すぐに中止になるのに、犬の場合は副作用で死亡例が何件でても、
変わらず接種を勧められてしまいます。

私も、ハピがワクチン後に嘔吐するまでは、
ワクチンが愛犬のために良いことだと、ずっと信じていました。
でも、ハピがワクチン後に嘔吐した時に、
(ムーンフェイスなどの症状は全くありませんでした)
この嘔吐はワクチンのアレルギーなのか?
ストレスによるものなのか?他に何か原因があるのか?
それを知りたくて、ネットで色々調べてみたのです。


そして、アメリカでは、ワクチンは3年ごとの接種に
なっているということを知りました。
AAHA(米国動物病院協会)の犬のワクチンのガイドラインでは、
3年ごとの接種にするよう発表されているそうです。
日本とアメリカでは、ワクチンの種類が違うのかと思いましたが、
それも同様のものであるようです。

私は英語が苦手なので、AAHAの発表した原文を読むことができず、
はっきりとしたことをまとめることができません(^_^;)
そこで、参考にさせていただいたサイトをご紹介したいと思います。
参考にさせていただいたサイト管理人の皆様、
承諾を得る前にリンクさせていただいてしまいましたが、どうかお許しください。


AAHA(米国動物病院協会)のサイト
Welcome to AAHA!


ワンちゃんの自然健康食品のお店DOG PITさんで
わかりやすく説明してくれています
のでご紹介します。
DOG PITさんは、ホリスティック・アニマル・ケアも実践されているようで、
ホリスティックケアを書籍などで勉強中の私には、とても興味深いサイトです。


たろワンさんのサイトTARO'S CONNECTIONは、ワクチンだけでなく
犬の健康についていろいろなコンテンツがあり、とても勉強になります。
犬のワクチンは毎年必要でしょうか?


また、実際に4年前から、3年ごとのワクチン接種を推奨されている
シンシア動物病院さんのBlogもご紹介します。
ワクチン接種が3年に1回
なかなか普及しない3年毎のワクチン
私の住んでいる近所に、shinshiaさんのような獣医さんがいてくれれば
良かったのに(T_T)・・・と、心から思います。


ご紹介したサイトの記事より、
AAHAの犬のワクチンのガイドラインについてまとめると、
効果が短いと言われている不活化ワクチンである狂犬病ワクチンでも、
3年以上効果が持続するようです。
生ワクチンはそれよりも効果が長く続き、
犬パルボウイルス、犬アデノウイルス2型などは、
7年以上効果が持続するようです。

以上のことから、ワクチン接種については、
子犬の時期の接種と1年後の再接種は従来どおりで、
その後の追加接種は、狂犬病や犬パルボウィルスなどの
コアワクチンは3年ごととなっています。
例外的に、ノンコアワクチンは免疫の持続期間が短いため、
半年から1年ごととなっています。

ワクチンの効果が持続しているにもかかわらず、追加接種することは
全く無意味なうえ、それ以上に体に害を与えてしまうそうなのです。
そのため、ワクチンを必要以上に再接種してはならないと書かれているそうです。

日本が1年ごとの接種を勧めているのは、
単に製薬会社が1年後の効果のみを調べて、
それ以降何年効果が持続するかを調べていないだけ・・という理由のようです。
そんな納得できない理由だなんて、驚きですねー(@o@)


日本の一般的な獣医療は、まだまだ遅れていると聞きます。
世界の獣医療の動向などにも、目を向けておられる獣医さんが
もっと多くなってくれるように、心から願っています。
獣医さん、頑張ってください!
そして、獣医さんの言葉を鵜呑みにしないで、
自分で色々と調べることも大切だと、本当に思いました。
可愛い我が子(愛犬)は、飼い主がしっかり守ってあげたいですものねー。
(私もまだまだ守ってあげれてないのですが・・(^_^;)

本を読んで知ったことや、セミナーで聞いたことなども
また、少しずつ書いていこうと思いますので、
ワクチンのお話はその時に続きます・・。
この記事へのコメント
ハピママの勉強熱心さ、ホント尊敬です。
本が苦手な私には、とても勉強になります。(^-^;)
ワクチンの事・・ショックです。獣医さんからも守らなきゃいけないなんて、「誰を信じればいいのォ〜ッ!?」って事ですよね。
食べ物以外の事も、勉強しなくちゃダメですね。

これからも、宜しくお願いしますm(__)m
Posted by タンタンmama at 2005年11月25日 11:42
タンタンmamaさんへ

いえいえ、勉強熱心ってほどでもないのですが、
私は家事も仕事もほっとらかしにして、犬のことについて調べてたので、
ちゃんと家事などをしていると、ここまで調べる時間はないと思いますよー(笑)
私も、初めてこのことを知った時は、本当に驚きました。
狂犬病ワクチンは、毎年打つのを法律で決められてますから、
私は何の迷いもなく打ち続けてましたし・・(^_^;)
混合ワクチンも8種が当たり前で、毎年打つのが常識と思ってました。
一般的な本には、ワクチンによる予防の大切さばかりが書かれてますし、
獣医さんにもそう言われますものね。
ご紹介した本やセミナーでは、更にワクチンの怖さを知り、
今、私は、3年ごとでも多すぎるのでは?と思っています。
その話は、また今度書きますねー。
Posted by happy at 2005年11月26日 02:07
ひゃっっつ!深いブログになってきてますね♪素敵素敵。
当たり前と思っていたことが実は危険に繋がる事を伝えているハピママさん、応援しています!
この前のセミナーでワクチンの恐ろしさをじかに聞くと私も無理ですわ。
ワクチンが癌や疾患に繋がるのだとしたら…。
その代わり毎日の食事で免疫力アップです!
お互い頑張りましょう!!
Posted by こたつ母 at 2005年11月26日 12:27
なんか、恐くなっちゃいました。
うちのワンコに もしものことがあったら、
きっと 私、立ち直れないと思います。
国とか関係なく 協力して
一番いい方法をとればいのにって思っちゃいます。
Posted by ありを at 2005年11月26日 19:08
ご連絡とリンク、ありがとうございます。
こちらのブログ、楽しく拝見しました。シマリスは、部屋を暖かくしていると冬眠しないのでしょうか?
AAHAのワクチンガイドラインは来年改定されるようです。狂犬病のワクチンは、不活化ワクチンですので、3年毎より間隔が長くなることはないと思いますが、その他の混合ワクチン(コアワクチン)については、1歳の後5年後(6歳)にして、その後はしないとかに変わるかもしれません…と期待しています。
ただ、日本では、施設を利用するとき、毎年ワクチンを接種していないとだめというところが多くて困ります。
Posted by たろワン at 2005年11月26日 23:05
こたつ母さんへ

師匠(私が勝手に思ってるのですが)のこたつ母さんに、応援してると言ってもらえると、
やる気がでますー(笑)(でも時間がなくて、あまり更新できてませんが・・(^_^;)
愛犬ブログでこんなカタイことばかり書いてると、普通の飼い主さんにはイヤがられるかな?・・って、考えたりもしますが、やっぱりこのまま突き進みますー(笑)
セミナー、すごく勉強になりました!先生の本は、ほぼ全部買ったから(まだ読んでないのもありますが)行っても行かなくても一緒かも・・とも思ってたんですが、やっぱり直接お聞きすると違いますねー。いろんな話がお聞きできて、すごい収穫でした(^o^)
食事で免疫力アップ、ホント頑張りますー!また、いろいろ教えて下さいねー。


----------
ありをさんへ

本当に恐いですよねー。
法律で決められている義務を守ると、毎年愛犬が危険な目に遭うなんて・・。
狂犬病ワクチンは、3年ごとの接種に法改正してほしいと私も思います。
うちのハピは、今年の混合ワクチンの時、初めて嘔吐したのですが、
もしまた来年打つと、もっとひどいことになるのかもしれません。
そう考えると本当に恐くて、今、一生懸命勉強しています。


----------
たろワンさんへ

私のBlogもお読みいただき、その上書き込みもしてくださって
本当に感激です。ありがとうございます。
うちのシマリスは、暖房が弱すぎて冬眠に入ってしまったことが2度あります(^_^;)
すぐに必死で暖めて起こしましたが・・。

AAHAのワクチンガイドライン、来年改定されるのですか?
たろワンさんのおっしゃる通りに改訂されることを、私も祈っております。
また、たろワンさんのサイトで勉強させてもらいますー。
様々な施設は、ワクチンを毎年接種していなくても、抗体価検査の結果さえ持っていれば
利用できるようになって欲しいものですねー。

たろワンさんのサイト、私は新しいサイトがあるのを知らずに
以前のサイトをリンクさせていただいてしまったのかもしれません。
失礼がありましたら、お許しくださいm(_ _)m
また、新しいサイトの方にリンクさせていただいた方が良い場合は、
ご指摘いただけると嬉しいです。
これからも、たろワンさんのサイト楽しみにしていますー!
よろしくお願いします。
Posted by happy at 2005年11月27日 00:36
ワクチンについては、漠然と「あぶないんじゃないの?」くらいにしか
認識していなかった私には、とても刺激になったです。
こんな風に、ひとつのことをしっかり掘り下げて記事にされている
その姿勢は素晴らしいですね。続編も楽しみにしています。

Posted by eri.k at 2005年11月27日 10:11
eri.kさんへ

私も、何もなかったら、ここまで必死に調べなかったと思いますー。
今年のワクチン時に、ハピにちょっとした異変が起こり、
そのうえ、Minakoさんとこのはるぴょんが、アナフィラキシーショックを起こしたことがあると聞いたので、よけい必死になって調べましたー。
そんな身近にアナフィラキシーショックの話を聞くと、もういつ自分のとこで起きてもおかしくないことなんだって思ったのですー。
続編、楽しみにしてもらって、嬉しいです。
でも、しばらくはまた軽い記事をアップしようと思いますので、少し先になるかもしれません。
実は今回の記事も、下調べや下書き・・と、すごく時間がかかってしまったので・・(^_^;)
間違って伝わってしまうといけないと思うと、どう書けば良いかわからなくなってしまうのですー。
なので、続編は、忘れた頃にようやくアップできるかと・・(笑)
Posted by happy at 2005年11月28日 01:45
いや〜〜〜〜〜〜〜恐い!ワクチン注射しなきゃやばいと思ってたけど、そんなに恐いものだったとは初耳です。っていうかハビちゃん大変な事なってたんですねぇ〜。可哀想に。。。テリーも12月ワクチンなんですが、どうしよう!?でも体が強い子なら大丈夫なのかな???またハピちゃんのママのブログ見てお勉強しなきゃ!
Posted by nori at 2005年11月28日 19:57
noriさんへ

ワクチンの副作用は、健康なワンコでもいつおこるかわからないらしいですよー。
私も、今年のワクチン接種前にこのことを知っていたら、
もう打たなかったのに・・と、すごく悔やみました。
でも、まだまだ普通の飼い主さんは知っている方も少ないと思うので、
打たないと決める事の方が勇気がいるのかもしれませんね。
毎年のワクチンを勧めている獣医さんでも、
「ワクチンは数ヶ月遅れても大丈夫ですよ」って言ってました。
獣医さん達は、本当は毎年打たなくても大丈夫ってことを、ご存じなのかもしれませんね。
noriさんも、初めてこんなことを聞いてびっくりしたと思いますが、
テリーちゃんのためによく考えてあげてくださいねー(^_^)
Posted by happy at 2005年11月28日 23:35
以前からhappyさんと公園でワクチンについて何度かお話して勉強になりましたが
今回あらためて読むと ほんと恐ろしい。。。
そして いろんな情報教えていただいて感謝しています^^
今日の記事でhappyさんのブログを勝手にリンクさせていただきました。(すみません^^;)
これからも みんなで情報交換できたらと思います^^
Posted by gonta at 2005年11月30日 23:28
gontaさんへ

gontaさんのBlogでも、記事にしてもらってありがとうございます!
どんどんリンクしてくださいね(^o^)
多くの方に考えていただくきっかけになれば・・と思います。
ところで、今回書いたのは、まだまだ序章なんですよー。
ワクチンが体にどんな害を与えるか?もっと恐い話は、これからですー(笑)

そういえば、以前、gontaさんからお聞きした「ノミ・ダニ予防薬やフィラリア予防薬も、
体に有害」というお話、本村先生もおっしゃってましたー。
私なんて、フィラリア予防薬1年中飲ませていたのに・・ショック大きかったです(^_^;)
フィラリア予防薬は飲ませないわけにはいかないので、
必要最小限にしましょうってことでした。
Posted by happy at 2005年12月01日 01:12
はじめまして、私はシマリス大好き人間で今まで2匹の子達と暮らしてきました。残念ながら2代目のスピカは事故のため去年の夏亡くなってしまいました。シマリスは私にとって宝です!自分の前世はシマリスではなかったかと思うほどです!シマリスは噛んだり大変なので可愛さあまりに飼った人がちゃんと世話をしてあげているのか毎年心配です!でもここの子達を見たら可愛がられてるんだなぁと思い嬉しく思いました。大変ではあると思いますが事故などに気を付けて幸せな生活を一緒に過ごしていってください!心より応援しています☆!
Posted by あやこ at 2006年01月20日 03:50
あやこさんへ

書き込みありがとうございますー(^o^)
あやこさんはシマリスちゃんを飼ってらっしゃるんですねー。
スピカちゃんを事故でなくされたとのこと、事故だと突然のことなので、
本当に辛かったことでしょうね(T_T)
私のとこも実は2代目のろろは、うちに来た時からかかってた風邪が治らず、
短い命を終えてしまったのです。とっても辛かったです。
1代目のちぃは元気すぎて噛みリスですけど、
3代目のあるはおとなしくて、一度も噛んだことはないです(^_^)
リス達は安全第一で、ケージから出さないことにしたので、
あまり写真も撮れず、記事も書いてないですが、
病気や事故に気をつけて、長生きしてくれるように願ってます。
応援ありがとうございます。頑張りますー(^o^)
あやこさんのことも応援してますー!
Posted by happy at 2006年01月21日 02:22
ありがとうございます☆ウチのスピカは一日の半分ぐらい外に出していました!コードをかじったりホント身の危険が危険でした。亡くなった理由はわたしのぬいぐるみの中に入って出られなくて暑さと窒息で亡くなっていました。それも真夏の出来事だったので・・・。わたしがちゃんと見ていたらと後悔しました。ほとんど出しっぱなしでわたしは他の部屋にいたからです。いつも大丈夫だからと甘く見たのがいけなかったのです。
あっ、ちぃちゃんとあるちゃんのゲージですがウチも同じのを使っていました。そしてわたしはその中にトランポリン?を付けていました。これはスピカも気に入っていて昼寝をしたりなかなか良いものでオススメです。本『シマリスのいる生活 著者 森野なつめ』に載っていたものです。もし良かったら付けてみてはいかがでしょう☆この本はシマリス好きにはたまらなく、可愛くてオシャレなので是非オススメです!
Posted by あやこ at 2006年01月21日 13:41
あやこさんへ

スピカちゃんは、お部屋で遊んでる時に事故になったのですね。
本当に辛かったことと思います(T_T)
リスちゃんって、そんなとこにどうやって入ったの?って思うような所にも
入っちゃいますものね。
うちのリス達も、以前ケージの外で遊ばせていた時は、
いろんな所に行ってしまってハラハラし通しでした(^_^;)

ケージ、同じですか?嬉しいです。
トランポリンも、楽しそうですねー(^o^)
でも、うちは、もうトランポリンをつけるスペースがなさそうなのです(^_^;)
おすすめの本も、今度本屋さんで探してみますねー。
Posted by happy at 2006年01月22日 01:54
どうもはじめまして!

読ませていただいて、とっても勉強になりました。

来週から仔犬を飼うことになったんですが、その子は生後3ヶ月なんです。

ワクチンのタイミングはどうすればいいのか悩んでしまいますがパピママさんの意見を聞かせていただけませんか?初めてでいきなりアドバイスを求めてしまってどうもすいません・・・。

宜しくお願い致します。
Posted by 仔犬 at 2006年11月13日 16:25
仔犬さんへ

はじめまして。
もうすぐ可愛い仔犬ちゃんがやってくるのですね(^_^) 楽しみですねー☆
ワクチンのタイミングについては、これなら完璧というものがないので、悩みますよねー。
母犬の初乳からもらった移行抗体がなくなってくる時期は、
個体差があり、40〜120日位と言われているので、
それを全てカバーするように打つとなると、過剰摂取になりそうですし・・(>_<)
うちのハピはパピー時代、獣医さんの勧めるままに打ってしまって、
今思えば、あきらかに過剰摂取です(T_T)
私は単なる愛犬家にすぎないので、アドバイスは恐れおおくて、できないですー。
ごめんなさいm(_ _)m
いろんな本やサイトを見たり、獣医さんの意見を聞いて、
仔犬さんが良いと思う方法を選んであげれば良いと思いますよー(^_^)
Posted by happy at 2006年11月14日 02:31
ハピママさん、どうもありがとうございます!!
サイトを見させていただきましたがやっぱり1年に1回摂取が進められていますね。
ただ、ハピママさんが言うように毎年ワクチンって犬にかなりの負担が掛かりそうですし、特にチワワって体が小さいので余計に心配です。3年毎に一回ってのがよさそうな気もしてきましたwww。
私はブリーダーさんから購入したんですけど、ブリーダーさんは家に連れてきて一週間後にワクチン。そのあと一ヵ月後にまたワクチンを打って、後は毎年ワクチンにしてくださいと言われてましたがハピママさんが仔犬を家に連れてきたときはどんなタイミングでワクチン摂取をしたが教えていただけませんか?是非参考にさせてください!
Posted by 仔犬 at 2006年11月14日 09:09
仔犬さんへ

昨日、ご紹介したサイトは、パピーのワクチンについての
一般的な考え方をご紹介したので、1才からは毎年摂取となってましたね・・(>_<)
それは、ホリスティックケアを目指す私の趣旨とは全く違うものなので、
リンクするのをやめました。混乱させてしまって、すみませんでしたm(_ _)m
パピーの場合、移行抗体がなくなる時期がわからないので、
きちんと免疫をつけるために、混合ワクチンは、一般的には2〜3回打つように言われますね。
移行抗体がなくなる時期がわかれば、なくなった時に1度打つだけで良いのですけどね・・。
ホリスティックな考えでは、ワクチンによる様々な疾患の可能性を考えると、
なるべく打たない方が良いので、ピトケアン先生の著書でも、
1回で充分だが、心配な時は2回にするように書かれています。
ピトケアン先生は、理想としては、生後22週目にジステンパーを、
26週目にパルボを打てば良いとされてます。
一般的な日本の考え方では、それじゃあ遅すぎるんじゃないの?って思う時期ですね(^_^;)
それに、1種ワクチンなんて、日本ではやってもらえませんものね。
パピーのワクチンの1度目をいつやれば良いかは、移行抗体がなくなる時期が
わからないので、正解がないのが難しいですよねー(^_^;)
私もまだまだ勉強不足なので、良いアドバイスができなくてごめんなさい。
成犬になってからは、3年ごとでも多すぎるんじゃないかと私は思っています。
抗体価検査をして、抗体価が下がっているものだけを接種するのが良いそうです。
でも、抗体価検査をしてくれる病院すら、私もまだ見つけていないのです・・(T_T)
理想通りには、なかなかいかないものですね・・。
うちのハピのこれまでのワクチン歴は、理想とはほど遠く
参考にはならないのでご紹介できませんー(^_^;)ごめんなさい・・。
Posted by happy at 2006年11月15日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ワクチン接種
Excerpt: ワクチンに行ってきました。 安静に今日は、まった〜りです。
Weblog: あ・・・ぽんちょ。
Tracked: 2005-12-11 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。