2008年05月12日

ある、虹の橋へ・・・Vol.1

2008.04.22 午後2:20頃
シマリス・あるが、虹の橋に旅立ちました・・・。
6才でした・・。



わずか2日前には、そんなこと思ってもみないことだったのに。



aru070-080419.jpg
この写真は、2008.04.19の、ある。
いつも通り、朝のフルーツタイム☆ 何度もリピートしてお取り寄せしている
大好きないちご(無農薬)を食べてご満悦です♪



21(月)まだ夜も行けない早朝、
飼い主Pが、「あるの巣箱から変な声が聞こえる」と言うのですが、
私は「なんだろう?」と、軽く思っただけでした。

しばらく様子をみていたPが、私を呼ぶので、行ってみると、
あるは、時折体が波打つような感じで、口元がぐちゅっ、ぐちゅっと
音を立てて、吐いているような感じでした。
でも、よーく診ていると、実際は吐くこともできていませんでした。

大好きなおやつにも見向きもしません。
蜂蜜を水で薄めて、レスキューレメディを混ぜたものを
口に近づけてみるのですが、全く舐めてくれません。
あきらかに様子がおかしいのです。

わずか数時間前、20(日)夜に、カボチャの種などのおやつをあげた時は、
いつもと変わらない様子でおやつを食べていたようなのですが・・。
(でも口に入れるのは確認しましたが、
ちゃんと食べられたかは、確認していませんでした)

何が原因でこんなことになったのかは、全く思いつきません。
吐きそうで吐けないのなら、喉に何か詰まってしまったのでしょうか?



動物病院に行くべきかどうかは、とても悩みます。
以前飼っていたシマリス・ろろは、
我が家に迎えた時、すでに体調が悪く、何度も病院に行きましたが、
シロップのようなものを出されるだけで、どんどん悪化して、
およそ2週間の闘病生活の後、虹の橋に旅立ちました。
そんなこともあって、病院に連れて行っても、
小さな体に負担をかけて、余計に悪化させるんじゃないか?
っていう不安が消えないのです。

もし、あるを病院に連れて行った場合に、
どんな治療が考えられるのでしょうか?

内臓疾患が原因かもしれなければ、採血して血液検査?
チワワでさえ1度に採血できる量が少ないのに、
様々な検査ができる量を、シマリスから採血できるのでしょうか?
いや、その前に、おとなしく採血してもらうことができるでしょうか?
しんどいとはいっても、獣医さんに抱かれると、
力を振り絞って暴れるかもしれません。
でも、こんな状態で麻酔なんて、危険すぎて、とてもできません(T_T)

レントゲン?
おとなしくレントゲンを受けるには、やはり麻酔や鎮静剤などが
必要なように思います。
鎮静剤でも、今のあるには危険だと思うのです。
また、レントゲンをとっても、骨に異常がある場合や、
石などが詰まっているのでなければ、
ちゃんと写らない可能性もあります。

様々な検査ができないようなら、
状況を話しただけで、原因は特定できるのでしょうか?

触診?
暴れずに、触診してもらうことはできるでしょうか?
触診だけでわかる病気の可能性は?

原因がわからなくても、とりあえず点滴?
あるに負担をかけず、点滴ができれば良いのですが・・。

お薬を飲む?
原因がわかれば、お薬も有効だと思いますが、
原因がわからなくて症状を抑えるためだけのお薬なら、
根本は解決せず、違う症状になって出てくる可能性も・・。
それに、副作用も心配です。

そんなことを頭の中でぐるぐる考えると、
今のあるを車に乗せて、遠くの病院まで連れて行くのは、
ストレスを与え、体力を消耗させてしまうマイナス面の方が、
どうしても大きく感じられ、
私は、病院に連れて行く勇気が出ませんでした。


それなら、とにかく自然治癒力を上げなくちゃ!
そう考えた私は、ヒーラーの方々に遠隔レイキをお願いしました。



Vol.2 へ続く・・・


  
posted by happy at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ちぃ&ある(シマリス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
ごぶさたしています。
なんとか復活しましたので、またお願いします。

病院の治療って 難しいですよね。
我が家は、避妊手術以外、病院にかかったことがありません。
先日、メイちゃんが吐きまくっていたのですが、
そのまま病院へ行っても吐き止め薬しかもらえないと思ったので、
行きませんでした。
原因がわからないのに、吐くのを止めるのは危険だなと思って。
でも、おやつにもヤギミルクにも見向きをしなくて、
相当しんどかったんだと思います。

しばらく水分を与えながら、様子をみていたら、
元気になってきたので、結局病院へは行かずじまいです。
こういうのもいいことなのか、悪いのか、難しいですね。

Posted by ありを at 2008年05月31日 08:16
ありをさんへ

お久しぶりですー☆
私もあまり更新してないので、ありをさんと一緒ですー(^_^;)

メイちゃん、吐いてしんどそうだったのですかぁ(T_T)
おやつにもヤギミルクにも見向きもしないなんて、心配ですよね・・。
でも、病院に行っても、吐き気止めなどの無理矢理症状を
押さえるお薬は、恐いですものねー。
あまり長引くようなら、一度獣医さんの意見を聞いてみても良いかもしれませんが・・。
メイちゃんは自然治癒力で元気になってきたのですねー。良かったですねー(^_^)

ハピは、以前はちょっとしたことで病院に行きすぎて、
今考えると必要ないと思われる投薬や処置、レントゲンなどを
いっぱい受けてしまいました・・(>_<)
救急病院でこんな処置を受けたと、後日かかりつけの先生に説明すると、
普通はそんな処置は体に良くないからしない方が良いんだけど・・
って言われてしまったり・・。そんなことがいっぱいあります(T_T)
でも、急性の病気などでは、一刻を争うものもあると思うと、
病院に行くべきかどうかは、本当に難しいですね・・。
Posted by happy at 2008年06月01日 01:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96419648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。