2007年06月05日

術後の経過観察で病院へ

手術後は、エリザベスカラーをつけたまま過ごしてるハピ。
はずしてあげるのは、ごはんの時と、トイレに行きたそうな時、
私やPの膝に乗っている時くらい・・。
そんな生活にも少しずつ慣れて、エリザベスカラーをつけたままでも、
ハピはようやく少しは眠れるようになったみたいです。



そして、今日は手術後の経過を診てもらうために、朝から病院へ。

診察室に入ると「食欲はありますか?」とO先生。
「はい。あります。」
体重は、1.72kg。「少し増えましたね。」
ハピの口の中を見たO先生は、「大丈夫ですね。」と言ってくれました。
良かったーーー(^_^)

先生に言われたことは、
これからは、歯磨きをしっかりしてください。
嚢胞があったところが腫れてきたら、すぐに連絡ください。
マズルのところを触ってみたりして、腫れてないかチェックしといてください。
そして、半年後にレントゲンを撮って、異常がなければOKです。
・・・ということで、無事エリザベスカラーも外してもらえました♪



hapi_otukare_405.jpg

病院は怖くて、いつもブルブルふるえが止まらないハピ。
病院からようやく出れて、「もう疲れたよ・・(T_T)」って感じ。
顔がおじいちゃんです(≧m≦)


家に帰ってから、病理検査の結果を聞いてなかったことに気付いて、
あわてて電話すると、病理検査も問題なかったそうです。
これで、12月までは、ひと安心ですね(*^_^*)



さぁ、安心したらおなかが空いてきたので、病院からの帰り道、
以前から行ってみたかったカフェに行きましたー☆


hapi_up_406.jpg

この頃カフェではおいしいものがもらえると、期待満面のハピ。
病院のハピとは別犬のように、瞳が輝いています(笑)



ここのカフェは、ワンコはテラスだけっていう情報は調べていたのですが、
入ってびっくり・・・(゜Д゜;) 
・・・テラスに、全く日陰がないのですー!
今日はすっごく良い天気で、真夏並みの暑さ!
炎天下でランチなんて、まるで拷問です(T_T)
トイレは店内なので行ってみると、涼しげでお洒落ーーー☆
それに比べて私達は・・、熱中症になるんじゃないかってくらい・・、
・・・ふらふらです・・・(@◇@)
こんな炎天下に食べ物おいたら、1分で腐るんじゃないかしら?
って程なので、お料理がきたら、大急ぎで食べ終わりました。

lunch_404.jpg

お料理も期待してた程じゃなかったし・・(T_T)
一流ホテル出身のシェフが作ってるって書いてたのにな・・。

テラスに屋根がないってわかった瞬間に、出直しますと言うべきでした・・。
炎天下のランチがこんなに拷問だったとはっ!
予想をはるかに超える凄まじさでした・・(x_x;)



hapi_sitamuki_407.jpg

ハピは、自分のごはんが全然運ばれてこないので、
ちょっとへこんでしまいました・・(笑)
ここはドッグカフェじゃないので、ワンコメニューはないのです。
ハピ、ごめんね。
晩ごはんは、美味しいごはんを作ってあげるからね♪
ラベル:埋伏歯手術

2007年05月25日

埋伏歯の手術後のハピ

20070524_sleep_4339.jpg
疲れてようやく眠ったハピ。部屋の片隅で・・。



手術から一夜明けて・・、2007.05.24、
術後のハピの一番心配なことは、帰ってきてから
何度トイレに連れて行っても、おしっこもうん○もしてくれないこと(T_T)
手術の朝、病院に行く前に、おしっこを1回したきりです。
膀胱炎にでもなったらどうしようと、ずっと心配していたのですが、
ようやくお昼過ぎに、大量のおしっこをしました(^_^)ホッ
28時間位我慢してたかも・・。我慢しすぎー!

そして、夕方、気分転換にいつもの公園にお散歩に行くと、
ようやくうん○もしました。
あぁ、良かったぁ(*´∀`*) これでひと安心。

公園で歩いてる時は、シッポも上がってました☆


がっ!、
家でのハピはへこみまくり。超ブルーです(T_T)


エリザベスカラーと首に巻いたタオルが辛そうで、
首もシッポも下げて、四つ足で立って、じっとしてたりします。
すごく辛いオーラを体中から発して固まってるので、
見てると、こっちまで暗くなります・・(´ヘ`;)

普段、私が相手しない時は、ハピは自分のベッドで寝ているのですが、
いつも使ってるベッドはハウス型で入り口が狭くて、
カラーをつけてると入れないので、
今、ケージからベッドはどけて、ボアマットだけを置いているんです。
そしたら、ボアマットには近づこうとしないで、
部屋の片隅で、スフィンクスになって固まってたりします。
辛いオーラむんむんです。
暗い。暗すぎる・・(-_-;)
そんなところで、固まらなくても・・。

20070525_sphinx_4342.jpg
辛いオーラむんむんのスフィンクス・ハピ。



いつものハピは、私が部屋から出てトイレなんかに行くだけでも、
ダダダッと走ってきて、ワンワン吠えて
「俺を置いて行くなぁぁぁ!」ってうるさいのですが、
手術後は、私に背を向け、宙を見つめたままです。
私がごはんの用意をしていても、私に背を向けて、宙を見つめてます。
宇宙と交信でもできるようになったのかしら?
おとなしくしててくれるのは、とっても良いことだけど、
やっぱり心配です・・(^_^;)


首の自由がきかないので、ハピはまだゆったり寝ることができなくて、
眠そうなのに、オスワリして、うつらうつらしてたり、
眠そうなのに、フセして、首は上げたままうつらうつらしてたり・・。
本当に可哀想になります(T_T)
ハピのストレスは、相当なものでしょうね。

膝の上にのせてあげると、
私の腕を枕にして、ようやく気持ちよさそうに眠ります。
でも、ずっと膝の上ってわけにはいかないし・・(´ヘ`;)
カラーつけたままでも気持ちよく寝れる方法を、
なんとか自分で発見して欲しいものです!


昨日 2007.05.24 は、雨で公園にも行けなかったので、
雨が上がってから、少し外に連れ出してみましたが、
道路は全く歩こうとしませんでした。
仕方ないので、ハピはバッグに入れ、私が少し散歩して戻りました(´∀`;) 
私の散歩に来たんじゃないんだけど・・?


相変わらず、トイレもほとんどしません(T_T)
昨日は、ごはんの時だけ、カラーをはずしてたら、
ごはんを食べ終わると、一目散にトイレに走って行って、
大量のおしっこ!
昨日のおしっこは、朝晩のごはん時の2回だけです。
やっぱり、このままだと、膀胱炎も心配ですね・・(´_`;)
公園には行けなかったので、うん○もしてません。


そして、今日 2007.05.25 、
朝ごはんが随分遅くなってしまったので、
先におしっこだけでもさせようと、カラーをはずしてトイレに連れて行くと、
何度も足をあげておしっこポーズをするのに、おしっこが出ません(>_<)
これはっ!膀胱炎っ?!ヤバイっ!!!
って、焦ってると、5回目の足上げでようやくおしっこが出ました♪
良かったぁー。でも、やっぱり、もう少し遅かったらヤバかった気がします。
以前、膀胱炎になったことがあるので、余計心配なのです・・。

朝ごはんの時、カラーをはずしてたら、
ごはん食べてる途中で、トイレに行き、うん○をして、
また戻って、ごはんを食べました。
お行儀悪いけど、もう我慢できなかったんでしょうね(^_^)



ストレスで、ハピの心や体がまいってしまわないか、心配です。
先生には、絶対はずさないようにと言われたカラーだけど、
もう少しちょこちょこはずしてあげた方が良いのかも知れませんね。
悩みます・・(´_`;)
ラベル:埋伏歯手術

2007年05月23日

思いもよらない大手術!埋伏歯(´o`;) Vol.1

hapi_up_awaji_0185.jpg

矢吹ジョーの前髪になってるハピ(笑) 2007.05.15の写真です。



5.19の夕方、KU自然療法動物病院に行き、
シリカで膿も出ず、歯茎の腫れも変化がなさそうなことを報告すると、
「やっぱりこの腫れは膿ではなく、歯が育たずに
埋まってしまっている可能性が高いですね」って・・。
ということは、手術の可能性が高まってしまったのです(´_`;)
そこで、歯科専門のO獣医師さんに連絡してくださって、
近々関西に来られる時に、診ていただけることになりました。
日本中の病院を回って、診察されてる専門医の方なので、
診ていただけることになって、ひと安心です。

診察当日は、前の晩12時以降は絶食、
当日朝からは絶水で来院するように言われました。
「絶食絶水ということは、レントゲンの際、麻酔をかける可能性が高い」
と、KU先生に聞いたので、少し心配です。
できれば麻酔なしでレントゲンできたら良いのに・・。


そして、今日がO先生に診てもらう日でした。
朝から、車を飛ばして、初めての病院に向かいます。
ハピは、ドキドキです(^_^;)

O先生は、ハピの口の中を見て、
「あれっ?この子、下の犬歯が2本ともないね」と。
「えぇっ?犬歯がないんですか???」全く気付いてなかった私。
「そんなことにも気付いてなかったの?」と、あきれるO先生。
犬の病気の本はいっぱい買ってるのに、
ハピの歯がきちんと生え揃ってるかどうかを、本で確かめたことは
なかったのです(T_T)
「なんとなく、歯がスカスカだなぁ」なんて思ってはいたのですが・・。
本も、持ってるだけじゃあ、何の意味もないですね(>_<)
調べてみると、犬の永久歯の数は全部で42本だそうです。
ハピは何本あったんだろう?


usiro_0362.jpg
オスワリしてるハピ。(家に帰ってきてからの写真です。)


「歯茎が腫れてるっていうのは、どこですか?」と、O先生。
あれっ?歯科専門の先生でも、見つけられないもんなんだって、ちょっと驚いて、
それなら私が気付けなくてもしょうがないよねって思ったりしました。
責任逃れしたって、どうしようもないのにね・・(T_T)
やっぱり「埋伏歯による嚢胞でしょうね」と、言われました。

「ごはんは食べれてますか?」と、聞かれ、
「先日あまり食べない日が続いていたので、
最近は山羊ミルクなどを振りかけると食べています。」
「体重はいつもと比べてどうですか?」
今日は1.68kg。「通常は1.7〜1.8なので、少し減っています。」
「少しくらいなら大丈夫でしょう。」と、O先生。
これは、麻酔の心配のことだったのでしょうか・・?

「レントゲンでみてみないと、はっきりしたことは言えないので、
この子はこのままお預かりします。」
「麻酔が覚めるのは、3時〜4時頃で、終わったら連絡するので
お迎えに来てください。」
「もし、途中で何か判断をしてもらわないといけないことがあったら、
電話しますので、電話はすぐ出れる状態にしといてください。」
あれよあれよっていう間に事は進み、
私と飼い主Pは、ハピを預けて病院を後にしました。

3時になっても何の連絡も来ないので、
ハピが麻酔から覚めたらすぐにお迎えできるよう、
病院で待つことにしました。
何頭もの手術が入っているようで、スタッフの方もみんな忙しそうです。
しばらくして、「先にお会計を」と言われました。
どんな処置をしてもらったかもわからないまま、約10万円の請求(@o@)
「あの、どんな処置をしていただいたかは説明していただけるんですよね?」
「はい。後ほど説明があります。」と言われ、ようやくひと安心。
現金足りなくて、カード払いにしてもらいましたー(-_-;)

それから、またしばらく待って、ようやく先生が出てきてくださって、
ハピの身に起こったできごとについて、説明を聞くことができました。

まだ、続きますよ・・。Vol.2 へ、どうぞ。
ラベル:埋伏歯手術

思いもよらない大手術!埋伏歯(´o`;) Vol.2

O先生は、私たちが待っていた待合室に出てきてくださって、
犬の歯のイラストが描かれたカルテ(?)や、
レントゲンや手術中の写真をデジカメで見せて、説明してくれました。
診察室には他のワンちゃんがいたようで、使えなかったのだと思います。
レントゲンを見せてもらったら、写真を撮ろうと思っていたのに、
レントゲンの画像をデジカメで見せてくれたので、写真は撮れませんでした(T_T)

ハピの状態は、思ってたより、とてもひどいものでした(´_`;)


yuutu_0364.jpg
家に帰ってきたハピ。カラーをつけられて、ブルーです(T_T)
首に巻かれたタオルがむちうちに見えますね・・。


右上の歯茎が腫れていた嚢胞の中には、埋伏歯があり、
それによって、その両横の歯の根がとけてしまっていたそうです。
両横の歯は、見える部分は全く問題ないようだったのですが、
歯茎の中では、歯がとけてしまっていて、
このままにしておくと他の歯も被害をうけるばかりか、
上顎の骨までとけてしまうのだそうです(´_`;)
恐ろしすぎます・・。
そこで、埋伏歯と横の犬歯ともう1本の3本抜歯となったそうです。
今は、歯茎の中に、ぽっかり空洞ができた状態のようです。
「治療範囲は、鼻の方まで貫通しているので、鼻血も出ます」
ということだったので、鼻の様子も観察しないといけないですね。

それから、生えてなかった下の犬歯は、
2本とも歯茎の中に、大きく埋まってました(>_<)
こちらは、まだ他の歯や顎の骨には影響が出ていなかったので、
歯茎の中から掘り出して、抜歯したということでした。
相当大きかったので、抜いた痕が空洞の状態になります。
下顎の他の歯にも抜歯の影響がでるかもですね・・(´_`;)

歯を抜いたところは、骨もない状態なので、
強度を確保するために、骨補填剤を入れているそうです。
歯を抜いた周辺の歯も、今はぐらついている状態なので、
さわったりしないように・・。
触ると抜けてしまうかもしれないそうです。

今後、また嚢胞ができる場合があるので、
注意しないといけないそうです。
2〜3ヶ月毎にレントゲンで嚢胞ができていないか確認しなくては
いけないと言われたように思います。
レントゲンの度に麻酔をかけるのでしょうか?
体への影響が心配です・・(T_T)
「そして、1年間嚢胞ができなければ、ようやく完治となります。 」
完治まで1年もかかるなんて!(もしかすると覚え間違いかもですが・・)
まだまだ、安心はできないようですね・・(´_`;)
もう嚢胞ができないように祈っています・・。

嚢胞壁は、念のため、病理検査をするそうです。
何も異常がないことを願っています・・。

縫った糸は3週間程度で消えるそう。
「カラーは3週間、絶対にはずさないように。」
手術跡が気になって前足で触ったり、椅子の脚などでこすったりすると
また麻酔をかけて再手術ということになるので、
再手術をしないためにも、寝てる時もずっとつけておくように・・とのこと。
ハピは首が細くて、カラーが下にずり落ちてしまうので、
カラーの下にタオルが巻かれました(^_^;)
それで、余計に、首も動かせなくなってしまってます。
ハピは4本脚で立ったまま、頭とシッポを下げて、固まってしまいます。
スフィンクスのように首を立てたまま伏せしてたり、
ゆったりと寝ることもできないようで、本当に可哀想です(T_T)

術後の化膿や感染などを防ぐために、抗生物質を1日2回、朝夜服用。
ごはんに混ぜても良いそう。

今、口の中は大変な状態なので、
歯磨きは、2週間位しない方が良いそうですが、
歯垢が心配な場合は、軽く優しく磨いた後に、歯にジェルを塗るように・・。
でもっ! いただいたジェルには、キシリトールが入っていたので、
他の歯磨きジェルを使いたいと言うと、
「それくらい大丈夫。大丈夫なものしか出しません!」と怒られました(>_<)
そう言われると、何も言い返せないですけど、
でも・・、ハピは1.68kgしかないので、
ほんの少ししか入ってないとしても、とっても心配なのです・・(´_`;)

biotene oral balance(バイオティーン オーラルバランス)
人間用の口内保湿、潤滑ジェルのようです。
唾液中に含まれているものと同等の天然酵素配合と書かれています。
しかたないので、しばらくは使ってみるつもりです。
でも、やっぱりちょっと不安なので、キシリトールの入ってないものも買って
交互に使おうかと思ってます・・。
バイオティーン オーラルバランス←楽天で見つけました。


しつこく、まだ続きます・・。
ラベル:埋伏歯手術

思いもよらない大手術!埋伏歯(´o`;) Vol.3

今日はとっても良い天気だったので、朝病院に向かう時は、
「帰りはお散歩行こうねー(^_^)」なんて呑気に考えてたのですが、
思いもよらず急遽手術となったので、お散歩もできず、
病院を後にして、おとなしくお家に帰りました。

ごはんは、遅い時間に、ほんの少しならあげても良いと言われたので、
野菜やマイタケを細かく切って入れた、半熟程度のスクランブルエッグに
大根おろしと山羊ミルクパウダーと酵素を混ぜてあげました。
エリザベスカラーが邪魔で食べにくそうですが、食欲は旺盛!
死んだような瞳が、ごはんの時だけ輝いてました(*^_^*)
イキイキした瞳が見れて、ちょっと嬉しくなりました☆

eat_0367.jpg



ごはんが食べられなかった時のために、
人の赤ちゃん用のスポイトくすりのみを買ってきていたので、
その後、山羊ミルクも飲ませました。

milk_0379.jpg




ハピは手術後、口の中が気になるようで、
舌を出したり引っ込めたりして、しきりに舐めています。
口が開いた時にちょっと見てみると、歯が全く見あたりません。
下顎に生えてた歯は、抜いてないはずなのに。おかしいな・・(´_`;)
でも、まだ、怖くて、口は触れないので、ちゃんと確かめられてません。
ハピの歯は、あと何本残っているのでしょうか?


口の中や、鼻も、今までとは違うからか、
喉や鼻がぐぅぐぅ(?)とヘンな音がなります。
やっぱり可哀想になってしまします(T_T)


今回、麻酔をしたので、歯石の除去も一緒にやってくださったみたいです。
説明はなかったと思うのですが、明細に載っていたので・・。
歯石を削ると、更に歯垢が溜まりやすくなるとよく聞くので、
これからは、しっかり歯磨き頑張らなきゃです!
できるかな・・? 自信ないけど、頑張るしかないですね・・。
麻酔かけて歯石取りはもうしたくないですものね・・。



今回のことで、改めて歯のケアの大切さに気付かされました。

もっと早く・・、永久歯に生え替わる頃に、
歯の本数が少ないと気付いて、レントゲンで確認していれば、
埋伏歯以外の歯は大丈夫だったことでしょう。
もっと早く、歯科に強い獣医さんに巡り会っていれば・・。
去勢で麻酔をした時に、歯のチェックもしてもらっていれば・・。
後悔してもハピの歯は戻りません・・(T_T)

でも、今回、処置できて、まだ良かったです。
もし、このまま気付かずに、あと数年過ごしてしまったら、
もう上顎・下顎とも、顎の骨まで影響がでてしまっていたでしょう・・。
そうなる前で、本当に良かった・・。


盛岡どうぶつ病院さんのサイトに、犬の歯についてのチェックが載っていました。
みなさんもチェックしてみてくださいね☆







《診療明細》

初診料 1,000
特別診断・指導料 5,000
採血(1ml以下)  300
血液検査(一般 B) 1,300
生化学検査(電解質) 800
生化学検査(アンモニア) 800
生化学検査(院内13項目) 3,700
呼吸・心電図監視  1,000
血中酸素・麻酔ガス濃度監視 2,000
皮下・筋肉注射 2 × 2,000
静脈注射(側管注入) 2 × 1,200
静脈内点滴 1,000
内科処置 留置・静脈 2,000
歯科処置 歯石除去A 2,500
歯科処置 研磨 2,500
歯科処置 埋伏歯 20,000
歯科処置 埋伏歯 2 × 10,000
全身麻酔ー吸引B 8,000
X線検査 歯科用 3,000
X線検査 歯科用追加 7 × 1,000
内服薬 10 × 50
口腔用薬 2,500
病理検査 外注B 8,000

合計 104,270円
ラベル:埋伏歯手術


Click Here!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。