2006年09月03日

百代ちゃん事件 続き・・

9月2日、百代ちゃんのお葬式が行われたそうです。

百代ちゃんの飼い主さんが、みんなに伝えたかったことは、
「お願いだから気をつけて!皆さんの身近にも危険があります!
愛犬を守って!私と百代のような思いは絶対にしないで!!!」
ということだそうです。
飼い主さんは、犯人に対する刑罰のことは何も考えられない状態で、
犯人の子供のことも、とても心配しているそう。
この事件を広めれば、百代ちゃんから目を離した自分に非難が集まるのは
承知の上で、この事件をみんなに知らせのだそうです。

詳しくは、puri☆pochi life!! 本当のお別れの日 をご覧ください。
茶々ママDiary 百代ちゃんの葬儀には、お葬式の様子が綴られています。



私も、ハピを公園で遊ばせている時、
お友達とのおしゃべりに夢中になって、ハピから目を離してしまう時があります。
ほんの少しの間でも、小型犬だったら、ひょいと連れ去られてしまうかもしれません。

スーパーなどに、お買い物に行くと、
お店の前で飼い主さんを待ってるワンコを見かけることがあります。
この辺りは治安も良いから大丈夫と思っていても、連れ去られないとは断言できません。

事件や事故はいつ起こるかわかりません。
大切なペットを守れるのは、飼い主である私達です。
私も、これからはもっと注意して、ハピを守ってあげようと思います。






日本では、愛犬と一緒に行けない所がほとんどですが、
欧米では、高級ブランドショップでも、リードをひいて普通に入店でき、
電車にもリードをひいて普通に乗れると聞いたことがあります。
(間違ってたらごめんなさい)
日本でも、愛犬と一緒にどこにでも行ければ、
お店の前に愛犬を待たせなくても良いのですが・・。

でも、今の日本では、そんなこと絶対無理です。
なぜ???

アメリカでは、愛犬は家族の一員としての役割を果たし、
ヨーロッパでは、愛犬は社会の一員としての役割を果たしている
というのを聞いたことがあります。
つまり、どこにいても他人に迷惑をかけることのないよう、
きちんとしつけができていて、社会の一員として生きているんだと思います。
欧米のカフェでは、ワンコは飼い主の足元に、
きちんとフセやオスワリをして静かに待っているようですね。

一方日本では、ワンコOKなカフェで、犬が吠え続けたり、走り回ったりしています。
私達はなんとも思わなくても、他のお客さんはなんとかしてくれと、
お店の方に言ってるかもしれません。
以前は店内ワンコOKだったところが、いつしかテラスのみになったり、
または普通のお客さんが来なくなって閉店してしまうかもしれません。
そんなことになったら、私達が困ります・・(T_T)

お店の前に繋がれてるワンコも、
犬嫌いの人にしてみれば、恐くて、その近くは通れなくなるでしょう。
普段はおとなしいワンコでも、もし人に吠えかかったり、噛んだりしては大変です。

公園では、通りかかった人を、追いかけて吠える犬がいます。
ハピも、人に吠えてしまいます・・。ごめんなさい・・(T_T)
公園や道端に、犬のうんこがそのままになっていることもあります。
公園には、犬は立ち入り禁止なんてことになったら、困るなんてもんじゃありません(T_T)

日本では、そんな様々な事が、犬と飼い主の地位をさげ、
愛犬と一緒にお出かけできるのは、本当に限られた所だけ、
という世の中ができあがってるように思います。

私も、人に言える立場じゃありません。
まず自分が、もっとちゃんとしなくちゃいけないと思っています。

私達一人一人がもっと考えていけば、
愛犬と共に過ごす毎日が、もっともっと快適になると思うのです。





それから、ペットを取り巻く社会だけでなく、
人間社会そのものも、もっと素晴らしいものになって欲しいと、心から願います。
近頃は、本当に残虐な犯罪が多くなってきて、ニュースを見るのが辛くなります。
命の尊さを一人一人がしっかりと心に刻み、
お互いを敬い、助け合える世の中になって欲しいです・・。
私も偉そうに言えるような、りっぱな人間ではありませんが・・。


素敵な世の中になるように、私達一人一人ができることは何だろう?
本当に考えさせられます・・。






何度も何度も書き直しても、結局上手く書けません・・。
自分のことは棚に上げて、偉そうな言い方になってしまっているかもしれません。
もし、これを読んでお気を悪くされた方があれば、本当にごめんなさい・・。
でも、一人でも多くの方に考えてもらえれば・・と思ったのです。
posted by happy at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんのお力を・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

百代ちゃん事件

お友達のブログで、百代ちゃん事件を知りました。
可哀想で、辛くて、悔しくて・・。
あまりにも恐ろしく、酷い事件で、なんと言ってよいかわかりませんが・・(T_T)


飼い主さんは、「どの道ツライなら、百代のこと、たくさんの人に知って欲しい。
このまま風化されては百代だって、浮かばれないのではないか?」
とおっしゃってるそうなので、
私も一人でも多くの方に、この事件を知って欲しいと思い、ご紹介します。



詳細は、まこちさんのBlog puri☆pochi life!! をご覧ください。
puri☆pochi life!! 百代ちゃん連れ去り事件真相




飼い主さんが買い物をしていて、目を離したそのすきに、
行方不明になってしまった、フレンチブルドッグの百代ちゃん。
飼い主さん達は、ビラを貼ったり、ネットで呼びかけたり・・、
必死の捜索の結果、ようやく有力情報をつかんで、犯人の女の家に行ったそうです。

飼い主さん達が犯人の家に行った時、家の中からワンワンなく声が聞こえたそう。
普段は吠えない百代ちゃんが、自分の存在を知らせようとしたのかもしれません・・。
それなのに犯人はシラをきり、そして・・、
百代ちゃんを自宅(マンションの6階)のベランダから、投げ落としたというのです!!!

飼い主さん達と百代ちゃんの無念な気持ちを思うと、
辛くて、悔しくて、本当に胸が苦しくなります・・・。
百代ちゃんは即死だったそうです・・(T_T)




犯人は、自分の子供と一緒に、次々に違う犬を連れて歩いていたといいます。
犯行後、子供と共に警察署に連行された犯人は、
数時間後には、自宅に戻り、いつも通りの生活をしていたようです。
反省もしてない様子のようです。
許せません!
このままでは、また次の犯行が繰り返される危険があると思います。
犯人には、心から反省して欲しいです!

警察は、このまま捜査を打ち切ることはないと言ったそうですが、
本当に罪に見合った処罰をしてくれるのでしょうか?
今の法律では、ペットは物扱いだと聞きます・・。
命ある私達の家族が、どうして物なのか、納得できません!
法の改正をして欲しいです!
みんなが声をあげて世論が動けば、世の中も政府も動かなければならなくなるはず・・。


犯人は、誘拐したワンコのことを、我が子になんと説明していたのでしょう?
ベランダから百代ちゃんを投げたことを、我が子にどう話したのでしょう?
命の重さがわからない人が、親になってはいけないと思います。
命の尊さを、次の世代に伝えていける人こそが、親になって欲しいです・・。



もう二度とこんなことが起きないような世の中になって欲しいですね。
そのために、私達一人一人ができることは何なのか・・?
考えさせられます・・。



百代ちゃんのご冥福を心からお祈りします。
posted by happy at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | みなさんのお力を・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

三重県の繁殖場レスキュー53頭

ネットでは、様々なアニマルレスキューの記事を見かけます・・。
お散歩でお会いする方々の中には、レスキューされたワンちゃんの
一時預かりをされている方や、里親さんとして育てている方もおられます。
そんな方のお話を聞いたり、レスキューの記事を見たりしては、
一時預かりすら、かってでることができない自分が情けなくて、
どうしようもなく辛くなります・・(T_T)

今日、お散歩仲間の方に、「何もできなくても、募金をしたり、
Blogにリンクを貼って、より多くの人達に知ってもらうだけでもいいのでは?」
と言われ、ほんの小さなことだけど、できることからやってみようと思い、
レスキューについてBlogで紹介させてもらいます。


今回のことは、三重県の繁殖業者が事故にあって重体となり、
続けられなくなったことが原因だそう。
ワンコ達が処分される前に、Wan lifeさんがレスキューしたそうです。

ブリーダーとは呼べない・・、まさに繁殖場(T_T)
もともと、一人で100頭の犬を飼育していたということですが、
行き届かない状態であったことはすぐに察しがつきます。
狭く不衛生なケージに入れられた、ワンコ達の写真は見るのが辛いです・・。
満足にご飯を貰えないまま、何回も出産させられ、ほとんどの子の歯がないそうです。
ひどい皮膚病や、チェリーアイ、腫瘍、疥癬など、重症な子も多いそうです。
犬種は全て小型犬で、チワワ、パピヨン、ダックス、マルチーズ、
ヨークシャテリア、ポメラニアンなど。

この子達が身を削って生んだ赤ちゃん達が、どこかのペットショップに並んで、
誰かの家族になっているんだなぁって思うと、やりきれない気持ちになります・・。
ペットショップでのペットの展示販売の裏側には、
こんな繁殖業者がのさばっている可能性があるのですね・・(T_T)
海外では、ペットショップにペットを展示して販売することなどなく、
きちんとしたブリーダーから購入するか、シェルターから引き取ったりするそうですよね。
酷い繁殖業者を淘汰するためにも、早く日本もそうなって欲しいものですね・・。



Wan life
Wan life 活動日誌 今回のレスキューについての詳しい記事があります

物資や医療費、活動費などが、まだまだ不足しているそうです。
私もまずは募金から始めてみたいと思っています。


レスキューされた子達が、みんな幸せになりますように・・。
posted by happy at 03:37| Comment(9) | TrackBack(0) | みなさんのお力を・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ショックな事件

東京で空き巣により、愛犬が連れ去られる事件が発生しているようです。
ある日、いつものように帰宅したら、大切な家族であるワンちゃんが
連れ去られていなくなってたなんて・・ひどすぎます!(T_T)
似たワンちゃんを見たなどの情報がありましたら、
ぜひ飼い主様に連絡してあげてくださいね。
詳細は飼い主様のサイトをご覧ください。
早く飼い主様の元に、ワンちゃんが無事に戻れますように!!

チワワのミシェルちゃん
cary_01.jpg
ミシェルちゃんは、重い水頭症でお薬の投与が必要だそうです。



チワワのティンクちゃん





チワワはバッグに入れられてしまえば、ワンコを連れていることも
わからないかもしれません。
うちは東京ではありませんが、私の近所でも去年くらいから貼っていた
電柱の貼り紙をまだ見かけて辛くなります。
そこにも「空き巣によりチワワが連れ去られました」と・・。

こんな時のために愛犬にマイクロチップを・・といっても、
マイクロチップはおそらくどこかで愛犬が見つかった時に、
読み取り器で読みとれば、自分の愛犬であると証明できるものだと思うので、
いなくなった愛犬が今どこにいるかは探せないと思うのです。
マイクロチップは動物の体に影響のない生物学的適合ガラスで作られ、
単独では電波を発信せず、原理的には30年以上の使用が可能・・らしいです。

あと頼りになりそうなのは、ココセコムペット用などですが、
大きさが縦7.9cm×横4.3cm×厚さ1.82cmもあるので
チワワに付けておくには大きすぎます。
また、なんとか首輪などにぶら下げられる大きさだったとしても、
外されてしまえば役に立ちません(T_T)

マイクロチップにココセコムの機能がついて、
愛犬の体にも安全なものはないのでしょうか?
技術者の皆様、一刻も早く開発して下さい!お願いします。
posted by happy at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんのお力を・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Click Here!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。