2005年04月24日

今日は普通に歩いてます。

先日、歩き方が少しおかしくなったかも・・と気になっていたのですが、
今日は普通に歩いてるようでした。
報告が遅くなって、ご心配おかけしましたー。すみませんでした。m(;∇;)m

そういえば、以前にも大きなワンちゃんに追いかけられた後、歩き方が少しおかしくなってたことを思い出しました。
必死で走った時に、足に負担がかかってしまうのかもしれませんね。

hapi050424-a.jpg
普通に歩いているようです。

hapi050424-b.jpg
何を見つめているのか?しっぽが下がり気味です。

hapi050424-c.jpg
この写真は、頭でっかちに見えますねー。(^o^;)

2005年04月22日

もしかして、歩き方がヘン?!

お散歩の時に、公園でプードルちゃんに追いかけられて
しっぽを丸めて本気で逃げたハピ。
その後気付いたのですが、歩き方が少しおかしくなってるような気が・・(>_<)

片方の後ろ足を全く曲げずに歩いているように見えるのです。
でも気にしすぎかもしれないし・・。

いつものS病院に行ったら、間違いなくレントゲン撮られるだろうなぁ。
今までも、ちょっとしたことで何度もレントゲン撮られてるし・・。
あんまり何度もレントゲン撮るのは、体に良くない気がしてちょっと尻込みしてしまいます。

T病院だったら、他のワンちゃんのママさんが言うように、
歩かせてみて「歩けてるから、大丈夫」って言われるだろうなぁ。
他の病院だったら、どうなのかなぁ?

他のワンちゃんのママさん達に色々お話を聞くと・・
足の付け根が脱臼しやすい子や、膝のおさらがはずれたことのある子もいて、
それでも自然に元に戻したりできるようなのです。
時々はずれてしまっても戻るようなら、すぐに手術とかにはならないみたい。
足が細い子は、筋肉をつけるように、坂道登りのお散歩を勧めらて、
実際に頑張って坂道登りのお散歩を続けたおかげで、はずれにくくなったとか。
ハピも坂道登りのお散歩するべきだろうなぁ。

ハピは筋肉もなさそうだし、骨も細そう・・。
公園までチャリンコの前カゴに乗せて行ってるから、
ハピのお散歩はほとんど運動になってないのです。

ああ、心配・・・(´_`;)

でも、とりあえずしばらく様子をみることにしました。
私の気にしすぎでありますように・・。

2005年03月17日

吐かずに飲み込んだハピ

今日は一日雨だったので、お散歩はあきらめてお家でのんびり。
ハピはごはんも食べず、ずっと寝ていました。
お昼頃にごはんをあげても、全然食べようとしないのです。

しかたないので、そのまま寝かしていたら、ようやく4時頃に起きてきました。
あんまり変な時間にごはんをあげると、
「ごはんは自分が欲しい時に、いつでももらえると勘違いするからダメ」と
聞いたことがあるので、晩ごはんまであげないことにしました。

そしたら、5時頃かな?ハピはもどしてしまったのですが、
私が「ハピ、大丈夫?大丈夫?」と声をかけると、吐かずに必死で飲み込んでしまいました。口の周りが黄色いものでいっぱいになってしまいました。
吐いたら怒られると思ったのかしら?
ハピ、もどしてしまったものは吐いていいんだよー。(´o`;)

お腹がすきすぎて吐いてしまったのかもしれないと思って、
フードを6粒くらいだけあげました。
空っぽの胃に一気に食べると良くないかもと思ったので・・。

その後、1時間くらい経ってから、また少しごはんをあげました。
ハピと暮らしてもう2年になるのに、まだまだわからない事がいっぱいで、
自分の行動はハピにとって良い事だったのか?いつも悩みます。

もっと、いっぱい運動すれば、ごはん食べるようになるのかなー?

2005年01月27日

ハピが危険な目に!!

今日のお散歩は、ちょっと時間が遅かったので
いつもの公園には、一緒に遊べそうなちっちゃなワンちゃんがいなくて、
しかたなくハピと二人でのんびり。
しばらくすると、時々会う大きなワンちゃん・T君が
一目散でこちらに走ってきました。
T君のママは他の人と立ち話中だったようで、まだ向こうの方。
T君は、よく私の脚にまとわりついてきたりするので
「Tくーん」って両手を広げたのですが、
私の方はちらっと見ただけで通り過ぎ、ハピの方へ。

ハピは怖くなって必死で逃げだしました。でも、T君も本気のよう。
ヤバイ!ハピが危ない!
「ハピおいで!!」「ハピ!!!」って呼んでも、こっちを向く事もできないハピ。
追いかけてくるT君の足にぶつかったのか、ごろごろころがったり倒れたり
上に覆い被さられたりしながら、それでも必死で逃げるハピ。
前足でたたかれたり、後ろ足でけられたり、本気で上に乗られたりしたら
小さなハピはひとたまりもありません。
2匹の動きが早すぎて、私達人間にはなかなか止められないのです(T_T)

T君が私の足元を通った時に、ようやく必死でT君の体を捕まえました。
T君のママがT君のリードをしっかり持ったところで、
ようやく私はハピを抱っこしてあげる事ができました。
「ハピ怖かったね。ごめんね。きちんと守ってあげられなくてごめんね。」
帰り道のハピの歩き方が、少し不自然な足運びのようにも見えて気になったのですが
なんとか無事で本当に良かったです。

・・・生きた心地がしませんでした。
聞けば、T君は男の子のワンちゃんには、必ず挑んでいくらしいのです。
お散歩中によく会うけど、初めて知りました。
いつもは、T君のママがリードをしっかり握っていたから、大丈夫だったのですね・・・。
よく会ってるからといって、安全とは限らないんだ・・・。
大反省。ハピに何かあったら、私のせいです。
これからは、もっと気を付けてハピを守ってあげなくちゃと思いました。

2005年01月21日

ハピが吐いちゃった!

お昼過ぎに、ハピにごはんをあげました。
なぜか5粒だけドッグフードを食べ残してたのですが、
食欲がないのはよくあることなので、あまり気にしていませんでした。
今日は寒くて雪も降りそうな空模様なので、お散歩はあきらめてお家でのんびり。
ハピはいつも通り、ペロペロペロペロ私の手を舐めてました。
本当にいつもと変わらない様子なのに
3時頃、ハピは突然ほとんど粒のままのフードを吐いてしまいました。
体調悪いのかなぁ?

そういえば朝起きた時、ハピは毛布の中に入らないで、毛布の上にいたので、
寒いのに毛布に入らないで一晩寝てたのかも。
昨日の晩、ハピがケージのフェンスのところで遊びたそうに立ち上がっていたのに
私がそのまま電気を消してしまったので、毛布に入れないまま寝てしまったのかもしれません。
ハピのケージは窓際にあるので、本当に凄く寒いのです。
どうか、ハピが風邪ひいたりしませんように!!

晩ご飯は、ハピの大好きな粉ミルクをフードにかけてあげました。
残らずたいらげたので、ひと安心。
今日はちゃんと毛布に入ったのを見届けてから、電気を消そうと思います。


Click Here!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。